お料理、時々犬と猫とお花達のお話・・・


by kaitomama526

カテゴリ:コンサート( 43 )

8月6日、シンフォニーホールへ楽しみにしていた五嶋龍君のヴァイオリンリサイタルに出向きました。
b0321595_23480633.jpg
1曲目はシューマンのヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番
4楽章迄ある長い曲。協奏曲1曲の長さです。
直ぐにブログをアップ出来なかったのでその日の興奮から少し冷めてきましたが、とにかくよい音。
3楽章はピッチカートから始まり、ビブラート効かしたり、効かさなかったり・・・メリハリがあり、変幻自在です。

長い曲なので、シューマンの後に休憩が入り、次はイサン・ユンという人の作曲のソナタ。
不協和音の連続ですが、その中の1筋の音が綺麗♪
魅力的な曲でした。

3曲目、楽しみにしていたドビュッシーのヴァイオリンとピアノのた目のソナタ。
1楽章、2楽章、間奏曲、3楽章終曲。

その日の龍君、ストラディバリウス、ジュピターの魅力を最大限に引き出した演奏。
低音は重厚でボリュームがあり、高音は鋭い硬い目の音、シンフォニーホールに響き渡り、滑らかで正確、一音も逃さず聞き惚れました。

隣に座っていた友人が
“龍君はハートで弾いて、大進君は魂で弾く感じだね~”
まさにその通りかも!

アンコールは皆さん良くご存じのクライスラーの曲、一寸観客があぁ~待ってました!って楽しそう、2曲目はドビュッシー。
これはヴァイオリンをミュートにして、綺麗に弾いてくれました。
そしておまけのおまけ最後の曲が凄く良かった!

隣の友人とパガニーニかな?って話してたらサン・サーンスの曲でした。
最初から最後迄、素晴らしい演奏でした。

アンコール曲を張り出してあるのでスマホで撮りたいと思いましたが、大勢の観客で無理でした。
b0321595_23482560.jpg
選曲も良かったし、素晴らしい演奏、今までで一番良かったと感動しました。
ブラボー!!

次回は何を弾いてくれるのか楽しみです。


by kaitomama526 | 2018-08-09 00:16 | コンサート | Comments(0)

オペラ 魔弾の射手

24日、楽しみにしていたオペラ “魔弾の射手” を見に西宮芸術文化センターへ行きました。
b0321595_15590751.jpg
b0321595_15591637.jpg

先ず友人と芸文の中でランチ。

冷たいサツマイモのスープとサーモンのテリーヌ
b0321595_15592484.jpg
メニューには別々に書いてあったのですが、一皿い盛り付けてあり、テリーヌは小さいサイズ!
b0321595_15595475.jpg
“フォークを頂けますか?”
と定員さんに言ったら、“横に引き出しがあり、入っています”
と素気無く言われました・・・
b0321595_15593121.jpg
言ってくれなきゃわかんないよ~~

メインは鯛
b0321595_16001359.jpg
皮はカリっと焼いてあり美味しかったしパンも程よく温かく美味しかったです。

デザート
b0321595_16002460.jpg
これにコーヒーがついたセットです。

大急ぎで食事を済ませ、会場へ。

魔弾の射手、序曲や間奏曲は学校で習っていても全曲は知らないのであらかじめ予習をしました。
ドイツ語のオペラです。

主役のマックス役のテノール歌手より悪役のカスパー役の歌手の声がいい声でとても良かったです。
聴きながら、バリトンだね・・・でもバリトン歌手のカルロスより、低めで良い声!
と思っていたら音域はバスでした。
成程、そうだったのね。
それから相手役のソプラノ歌手、その従妹役のソプラノ歌手の声がとても良い声でした。
骨格が違うのが、やはりヨーロッパ人の声は素晴らしい!

舞台装置も演出も面白く、合唱のシーンも多く、最後の狩人の合唱は迫力があり、楽しみに聞きたかった好きな曲なので嬉しくなりました。

この曲、以前Oさん宅のK君がチェロで弾いてくれましたよ。
上手に弾いてたよね♡
結構指の幅??子供用のチェロとはいえ小学生のゆびには大変だったと思います。

芸文のコンサートの話に戻ります。
オーケストラ、ホルンもう少し歯切れが欲しかった、ヴィオラ、ソロパートで一寸音が外れた・・・惜しいです。

昨年のフィガロもとても良かったですが、佐渡さんの指揮は毎回エネルギッシュで観客を引き付ける魅力がありました。
ブラボー!

余韻に浸りながらのオペラの帰り路・・・イタリアンレストランのルッカさんに電話して、テイクアウトをお願いしました。

豚肉のテリーヌ
b0321595_16003086.jpg
毎日暑い日が続く中、塩味の効いたテリーヌは美味しかった。

作っていたトマトのマリネ
b0321595_16003631.jpg
ピザの持ち帰りはダメ!と言われたのを、無理にお願いして、今回だけですよと念を押されてピザ持ち帰りました♪

4種類チーズのピザ
b0321595_16004648.jpg
パリパリのクリスピーピザ、一寸オーブンで温めましたが、全然大丈夫、美味しかった!

カイトは良い匂いがする♪と私にへばりついていました(笑)
b0321595_16005818.jpg
ルッカさん、無理言ってごめんね~

昨日は、台風来るらしいし水まきもいらない・・一日のんびりしました。

夕飯はずいきと鶏肉のお吸い物
b0321595_16010528.jpg
ずいき沢山入れました。
鰹と昆布の出し汁にお酒と薄口で味付け、鶏もも肉とずいき、生姜汁。
父が大好きだったお吸い物です。

ずいきの甘酢
b0321595_16012850.jpg
翌日、味がしみ込んだのが又美味しいので沢山作りました。

麻婆豆腐
b0321595_16013307.jpg
葛を入れ過ぎてこてこてになりました・・・





by kaitomama526 | 2018-07-29 16:38 | コンサート | Comments(0)
7月24日、宝塚ホテルでソロプチミスト主催の “高嶋ちさ子 愉快な音楽会” というチャリティーコンサートに行きました。
沢山の来客と聞いていたので早い目にホテルへ行き、ホテルの駐車場に車を止めてロビーへ向かったら丁度高嶋ちさ子さんが到着で、階段ですれ違いました。
可愛い女性です。

一緒に行った友人がランチを予約してくれていたので3人でソラレスというレストランで簡単お勧めランチ。

b0321595_23070931.jpg
何だかお皿の真中がぽっかり空いた盛り付けですね。

高嶋ちさ子さん以外は男性5人、ヴァイオリン、ビオラ、チェロとピアノの構成。
曲目は全て知ってる曲でしたが、万人向けにすべての曲を飽きないように5分以内に編曲してあり、少し物足らない感じもしましたが、楽しいコンサートでした。

遅い目の帰宅で帰りにイカリに寄り、簡単な夕食。
兎に角最近異常に暑い!
冷たい物が食べたかったです。

冷しゃぶ
b0321595_23072924.jpg
おかかたっぷりの冷奴
b0321595_23074393.jpg
胡瓜もみ
b0321595_23095715.jpg
鯛のあら炊き
b0321595_23073327.jpg
トウモロコシ
b0321595_23073856.jpg


昨日は早々にお寺さんのお盆参り、家は真言宗なのでそれに伴った飾りつけとお膳の用意をしました。
b0321595_23093813.jpg
昆布出しだけのお精進、仏様は午前中に召し上がるそうで、朝からお供えです。

夕食はお弁当のおかずを兼ねて作りました。

ゴーヤチャンプルー
b0321595_23100805.jpg
以前はスパムを使っていましたが、最近は豚肉を使います。こちらの方が塩辛くなくてあっさりと美味しいです。

牛肉と牛蒡の甘辛煮
b0321595_23101747.jpg
サツマイモ煮
b0321595_23102176.jpg
このサツマイモ、とても美味しいお芋でした。

今日はお弁当持ちで三田へ出勤。
勿論帰宅は遅い夕方。簡単に食べられる丼物。

昨日から用意?していた牛肉と牛蒡の甘辛煮、お弁当に入れた残りで牛丼!

b0321595_23102788.jpg
相当愛想のない茶色ご飯・・・三つ葉でも散らせばよかったですね。

トマトのサラダ
b0321595_23103284.jpg
今の所夏バテはしていませんが、何だか毎日眠いです~ZZZ





by kaitomama526 | 2018-07-26 23:39 | コンサート | Comments(0)

歌舞伎 襲名披露

本日、松本ハクオウさん(おうの字がパソコンでは探せませんでした)と幸四郎さんの襲名披露を友人と見に行きました。
b0321595_00391247.jpg
b0321595_00393666.jpg
夜の部が襲名披露の口上、昼の部のメインは勧進帳!
私は勧進帳を選びました。
36年前の先代幸四郎さんの襲名披露は母と二人で東京迄見に行き、その時も口上ではなく、勧進帳観ました。

歌舞伎十八番の内、勧進帳はどのお芝居より好きです。

最初の演目は廓三番叟、片岡孝太郎さんメインの踊り、孝太郎さん、いかつい感じがしていたけど、とても美しく踊りも良かった。
2っつ目は車引。
今回ご一緒した友人の一人は歌舞伎を見るのが初めて、“一度連れてって!”
と言われていたので、舞台装置は華やかこで歌舞伎メイクのくま取りした役者さん達。
このお芝居は良かったと思います。
3番目は河内山。
始めて見る芝居でハクオウさが主役、ただ余り面白くなかったです。

そして待ってました、勧進帳!
我々のお席、とても良い席で前から3番目の右寄り。
チケット見た時から、富樫役が私の真ん前だわと楽しみでした。
幕が開くと檜舞台。先ず富樫が出てくる場面。
なんと美しい!
仁左衛門さんの富樫、美しく気品があって見とれてしまいます。
弁慶は勿論、新幸四郎さん。

甘い坊ちゃんだったのが、、弁慶役はどうだろう?と思っていましたが、迫力ある熱演。
富樫と弁慶が丁々発止とやりあう場面、お二人の気合の入った演技は感動してしまい、涙が止まりませんでした。

弁慶が関所を通る事を許され嬉しくて、頂いたお酒を飲んで酔っ払いながら踊る延年の舞も素晴らしかった。
最後の飛び六法も凄く良かった!
帰り道、今日の歌舞伎はこんなのだったよ~って歌舞伎好きの父と話したいな~なんて思いながら・・・
36年前の襲名披露の時の勧進帳は弁慶は先代幸四郎、富樫は先々代の勘三郎さん。
始めて歌舞伎を見たのが壼坂霊験記。
役者さんは先代仁左衛門さんと先々代の贋治郎さん
今、現役で活躍している役者さんのお爺様から見ていると思うと・・・私も年を取りましたね~~






by kaitomama526 | 2018-07-13 01:20 | コンサート | Comments(0)
スーパー歌舞伎 “ワンピース”
b0321595_13295366.jpg
b0321595_13300026.jpg
歌舞伎は好きですが、スーパー歌舞伎は見た事がありません。
歌舞伎好きには一寸邪道??お芝居とも違う・・・
という私個人の理由で見てなかった。
友人のIさんが一寸見たい!
平岳大さんが出演するのも興味があった!
(真田丸の時の勝頼役は凄く良かった)
それから、友人のOさん家族が東京迄見に行った!
と言ってらしたので、行って見ようと思いました。

場内の緞帳の前にはキャラクターのお人形
b0321595_13302872.jpg
そしてこんなものが・・・
b0321595_13303403.jpg
前から5番目の席まではポンチョのようなレインコート、6番目の我々の所には、畳1畳位のビニールシート、へぇー濡れるんだ~

最初は少々戸惑いました。
ただ段々慣れてそこそこ面白い、演出も派手、宙吊りも大サービスで長い。
主役の猿之助さんは可愛らしく、サービス精神旺盛、先代の猿之助さんと同じ流れですね。
休憩が2回あり1回目の休憩中、お弁当食べました。
2幕目の前にレインコートを用意してくださいとアナウンスがあり、ビニールを広げて待機。
頭からかぶり、ビニールはしっかり濡れました(笑)
紙吹雪も沢山降って靴の中もバッグの中も紙吹雪だらけでした。

そして驚いたのは観客の方、何回も見てる人が多い事。
一緒に手を叩く所、タンバリンを鳴らす箇所(タンバリン売ってました)
皆さんご存知。
最後に猿之助さんがそこそこ踊り見栄を切る動作と同じ手の動きをしてるお客さん!
一寸びっくりでした。

b0321595_13594243.jpg
父が先代の猿之助さん大好きでした。
父に今日の芝居の事を話したらなんて言うだろう・・・と思いながら帰宅しました。
下調べもせず見たスーパー歌舞伎、楽しみました♪

昨夜のお弁当はなだ万。
b0321595_13304096.jpg
美味しかった!





by kaitomama526 | 2018-04-21 14:08 | コンサート | Comments(0)
昨夜、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトのコンサートに出掛けました。

京都ロームシアター、平安神宮の隣、岡崎です。
b0321595_13285374.jpg
さすが、京都って感じ
b0321595_13290245.jpg
とても良いホール!
b0321595_13291562.jpg
最初はラヴェルの歌劇 “子供と魔法”
ストーリー、曲はあらかじめ勉強して行きました。
舞台装置がとてもポップな色、ヨーロピアンな雰囲気で素敵です。
悪ガキの男の子が良い子になる、という物語。
子役も沢山でてくるし、小澤さんが長年このオペラに携わって活動していらしたので、一度見たいと思っていました。
明るいオペラで楽しみました。

一人でチケットを取ったので、前から4番目の少し左。
小澤さんのお顔が見える絶好の席だったのですが、入院されて降板。
とても残念~。
会場では2000円するプログラムの無料配布と小澤さん直筆の(コピーですが)お手紙がついていました。

2つ目はプッチーニの歌劇 “ジャンニスキッキ”
プッチーニにしては珍しく喜劇。
遺産相続で欲張りな親族のお話。
間に私のお父さんとおう有名な曲 (ネスカフェアンバサダーの広告にも使われています)もあり、プッチーニらしい旋律が流れ、良かった。
特に主役のジャンニスキッキ役の男性は声量があり、声の伸びが良くて素晴らしかったです。

どちらも軽い感じで見られ楽しみまいた。
ロームシアター、我が家からは遠いので、最後のカーテンコールは見ないで会場を飛び出しました。

小澤征爾さんの指揮のオペラ、最初に観たのは尼崎のアルカイックホールでの“マノンレスコー”
プッチーニのオペラです。
CDを買って何回も聴き、原作を読み、ものすごく勉強してから行ったので、大興奮して1曲目で鳥肌が立つほど感動しましたが、今は楽しむだけ~♪
その頃はヘネシーかなんかがバックアップしてて、休憩中は無料でドレスアップしたお客様がゆったりとお酒を飲んで・・・
へぇ~オペラって大人の世界だ~なんてね、思いましたよ。
20年以上前、阪神大震災の前です。
小澤征爾さんも私も若かった・・・そんな事を思い出しながら電車に揺られて帰宅しました。


バスに乗って地下鉄に乗り換えたら、駅はこんな風
b0321595_13292016.jpg
一瞬びっくりしました。
完全に電車をガードしてあり、安全ですね~、素晴らしい。

昨夜は久しぶり夕食は外食、一人でトンカツ食べました。
b0321595_13293151.jpg
野菜の湯葉巻き、筍、人参、そら豆を湯葉で巻いてありました。
後はフィレかつです。
家では揚げ物殆どしないから美味しかった!

帰宅したら11時半過ぎていました。




by kaitomama526 | 2018-03-17 13:59 | コンサート | Comments(0)
3月11日、1年前の龍君のコンサートの時から “今度はニューヨークフィルと共演よ!”と 聞いて楽しみにしていたコンサートに出掛けました。

京都コンサートホール
b0321595_10063424.jpg
入り口を入ると、なだらかならせん状の上りの廊下で歴代の指揮者や、演奏家の写真が並んでいます。
b0321595_10061339.jpg
それをゆっくり見ながら歩くのも楽しいものです。

b0321595_10063056.jpg
ブログのアップに時間が経ったので、当日の感動は薄れてしましましたが。

1曲目 ワーヘナールのシラノ・ド・ベルジュラックの序曲
2曲目 メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲
3曲目 ストラヴィンスキーの春の祭典

2曲目は五嶋龍君のヴァイオリン、いつもの龍君と一寸違って精彩が無かったような気がします。
出だしはあれッとと思いましたが、1楽章の後半のソロパート辺りから少し滑らかに、2楽章は美しいメロディー、うっとりとるする聴かせどころ。
3楽章は華やかな超絶技巧・・・

ほぼ1年前にシンフォニーホールで、同じ曲を聞いた時は凄く良くて感動しましたが、少しノリが悪かったような気がします。

3曲目の春の祭典はとても良かった!
ニューヨークフィル、最初の曲からヴァイオリンの音はクリアーで切れ味が小気味よく、春の祭典は打楽器も迫力あるし、エネルギーを感じました。
素晴らしい楽団です。
ブラボー!

月曜は東京から従妹が2年ぶりに泊まりに来ました。
元々は関西人、関西風のおうどん、東京では余り手に入らない、焼き穴子を入れたうどんすきでおもてなし。
b0321595_10064982.jpg
イトコ全員、年を重ねてきて、久しぶりに東京の従兄弟達の様子や健康状態を聞いたりしてお喋り~
話題が変わってきましたね(笑)

by kaitomama526 | 2018-03-14 10:33 | コンサート | Comments(0)
b0321595_08560166.jpg
昨夜は楽しみにしていたコンサートに友人と出掛けました。

1曲目、サン・サーンスのヴァイオリン協奏曲 第3番
美しい曲、2楽章は優しく美しく、3楽章大好き。

この曲、パールマンの力強いトラディバリュースで聞いていました。
出だしは激しく力強い。
樫本さんはどんな風に入るかなととても楽しみでしたが、良かった~
美しい2楽章もすらすら良い音、3楽章はもう最高!
太い弦も、高い細い音も、限りなく美しくずっと聞いていたい、やっぱり極上の絹糸。
細部に渡って心がこもった音でした。
もう一回この曲聞きたい、ブラボー!!

頑張って電話したので良い席が取れて、指揮者の山田和樹さんやコンマスの方とのアイコンタクトも良く見えたし、とても盛り上がって良かった、感動しました。

2曲目 チャイコフスキーの交響曲第4番
始めて聞きました。
チャイコフスキーを経済的援助した夫人に捧げた曲らしい。
余り面白くなかったです。
最後はとても迫力がありましたが、終わった感想・・・
折角、樫本さんのヴァイオリンに酔いしれていたのが消されてしまった。
樫本さんだけ聞いて、後はお茶でも飲んで帰ったら良かったかな~

樫本大進さん、青年から少し貫禄が出てきた感じ、男の色気を感じました。
ベルリンフィルのコンサートマスター、今、一番良い時かな、どんどんコンサート、リサイタル、日本でなさって欲しいです。
山田和樹さんの指揮、最後の方で一寸小澤征爾さんの指揮を思い出しました。
良かったです。

帰りの電車の中で目をつぶってもう1度、サン・サーンスのメロディーを頭の中で流しながらコンサートの余韻に浸っていたら、寝てしまいました・・・


シンフォニーホールのイルミネーション
b0321595_08560649.jpg
夕食は阪急百貨店の食堂街で散々迷って串の棒で串カツ頂きました。
お安くて美味しかった♪


by kaitomama526 | 2018-02-14 09:35 | コンサート | Comments(0)
1月4日、近所のKさんからのお誘いで恒例の西宮芸術文化センターのニューイヤーコンサートに行ってきました。
駐車場が心配だったので早い目についてコーヒーブレイク

カプチーノ
b0321595_23484095.jpg
可愛い砂糖がついてきました。
b0321595_23225873.jpg

毎年、ニューイヤーコンサート、指揮は大友直人さん、楽団はあちこちからの抜粋メンバー。
今回はピアノ、13歳の奥井紫麻ちゃん

毎年三枝成彰さんのプレトークが最初にあり、
1曲目 ワーグナーのニュルンベルクのマイスターシンガーの前奏曲
明るい祝典的なお正月にふさわしい曲でした。

2曲目 グリーグのピアノ協奏曲
ピアニストは奥井紫麻さん13才。
誰でも1度は耳にしたことがある有名な曲。
さて13才のお嬢ちゃんのピアノは・・・と思った途端、出だしから良い音!
透明感、清潔感のある、クリアーな音色でしっかり弾いてる。
驚きました。
ピアニシモの音も綺麗!
思わず隣のKさんと上手いね~と感嘆。
現在ロシアに留学中、これから先がとても楽しみなピアニストに出会いました。
きっと世界的な有名なピアニストになられるでしょう。
今度はチャイコフスキー、聞いてみたい♪

Kさんお誘い下さってありがとう!
芸文のニューイヤーコンサートを聞くのは3回目かな、今年は今までで一番良いコンサートでした。




by kaitomama526 | 2018-01-05 23:56 | コンサート | Comments(0)
月曜から今日迄、京都、大阪、三田と出掛けっぱなし・・・・でした。

少し疲れ気味でしたが、昨日は今年最後のコンサート。
楽しみにしていた樫本大進さんのヴァイオリンです。
b0321595_23052600.jpg
西宮芸術文化センターで、樫本大進さん、ウィーン交響楽団、指揮はフィリップジョルダン氏

演目は1曲目
メンデスゾーンのヴァイオリン協奏曲
ヴァイオリン協奏曲で何が好き?と聞かれたら外せない曲です。

1楽章から素晴らしく、独奏部分の美しい音。
一寸、目がウルウルする位、聞き惚れてしまいました。
なんて良い音なんでしょう。
2楽章も凄く良くてうっとりです。
3楽章、出だし、一瞬、えッ??
ほんの少しだけヴァイオリンとフルート?管楽器が遅いか、大進さんが一寸走ったか??・・・思っている間にすっかり合っていました(笑)
3楽章、早くて一番難しい部分かも。
兎に角、良かった♡
お願い、もう1回聞きたい!と言いたくなる位良い音でした。

昨日は交響曲でしたが、ピアノと2人のリサイタルも聞きたい!
協奏曲が終わり、アンコールは、バッハの曲でした。

2曲目はマーラーの交響曲 巨人
時々コンサートで聞く楽曲、大昔、サントリーの広告で使われていた “大地の歌” 
を聞いても、不思議な旋律、東洋的というか・・・マーラーの曲は魅了されます。

アンコールはポルカが2曲、さすが、ウィーン。
楽団員の方達、楽しそうに弾いてくれました♪
ブラボー!!

2時からの開演だったので、久しぶりに芸文でランチをしました。
イグレックの名前が変わり、何だったか忘れましたが、ランチメニューも少し変わっていました。

スープとサラダ
b0321595_23060428.jpg
クリームコロッケ
b0321595_23061205.jpg
今日は又々三田に作業に行っていました。
外食が続いたので今夜はさっぱりと雑炊、胃の調子が悪い訳でもなんでもないのですが、優しい味の物にしたかったのです。

野菜雑炊
b0321595_23062135.jpg
大根、人参、生シイタケ、お葱と卵

柿と菊菜のゴマダレかけ
b0321595_23063024.jpg
ゴマダレ、お出しでのばし過ぎたと思い、胡麻クリームを足しましたが、一寸こってりになりましたが美味しかったです。




by kaitomama526 | 2017-12-03 23:53 | コンサート | Comments(0)