お料理、時々犬と猫とお花達のお話・・・


by kaitomama526

五嶋龍君とニューヨークフィル

3月11日、1年前の龍君のコンサートの時から “今度はニューヨークフィルと共演よ!”と 聞いて楽しみにしていたコンサートに出掛けました。

京都コンサートホール
b0321595_10063424.jpg
入り口を入ると、なだらかならせん状の上りの廊下で歴代の指揮者や、演奏家の写真が並んでいます。
b0321595_10061339.jpg
それをゆっくり見ながら歩くのも楽しいものです。

b0321595_10063056.jpg
ブログのアップに時間が経ったので、当日の感動は薄れてしましましたが。

1曲目 ワーヘナールのシラノ・ド・ベルジュラックの序曲
2曲目 メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲
3曲目 ストラヴィンスキーの春の祭典

2曲目は五嶋龍君のヴァイオリン、いつもの龍君と一寸違って精彩が無かったような気がします。
出だしはあれッとと思いましたが、1楽章の後半のソロパート辺りから少し滑らかに、2楽章は美しいメロディー、うっとりとるする聴かせどころ。
3楽章は華やかな超絶技巧・・・

ほぼ1年前にシンフォニーホールで、同じ曲を聞いた時は凄く良くて感動しましたが、少しノリが悪かったような気がします。

3曲目の春の祭典はとても良かった!
ニューヨークフィル、最初の曲からヴァイオリンの音はクリアーで切れ味が小気味よく、春の祭典は打楽器も迫力あるし、エネルギーを感じました。
素晴らしい楽団です。
ブラボー!

月曜は東京から従妹が2年ぶりに泊まりに来ました。
元々は関西人、関西風のおうどん、東京では余り手に入らない、焼き穴子を入れたうどんすきでおもてなし。
b0321595_10064982.jpg
イトコ全員、年を重ねてきて、久しぶりに東京の従兄弟達の様子や健康状態を聞いたりしてお喋り~
話題が変わってきましたね(笑)

by kaitomama526 | 2018-03-14 10:33 | コンサート | Comments(0)