お料理、時々犬と猫とお花達のお話・・・


by kaitomama526

辻井伸行×服部百音 究極の協奏曲コンサート

カルロスのコンサートに行って一日休み、昨夜は近所の散歩仲間、NママとRママと3人で昨夜は西宮芸術文化センターへ出かけました。
夫々お留守番ワンコが居る為に開場ギリギリの時間で家を出発しました。
b0321595_23140815.jpg
b0321595_23141685.jpg
辻井伸行さんと服部百音ちゃんのコンサート!
実はバタバタと忙しくしていて辻井さんがチャイコフスキーのピアノ協奏曲を弾く!と思い込んでいたら、チャイコはヴァイオリンでした。
じゃあ辻井さんは何弾くの?ってきいたら “ショパン!”
あっそうだったっけ!
てな具合で行きました♪
開演前に客席に佐渡さんも着席されていました。

1曲目 エルンスト (夏の名残のバラ)による変奏曲
百音ちゃんの無伴奏のソロ
2~2年前に彼女のメンデルスゾーンを聞きました。それからどんな演奏になったかしら・・・

庭の千草のメロディーの変奏曲、難しい、多重音、ピッチカート・・・超絶技巧・・パガニーニのカプリースより難しいかも・・・
とても辛口の感想ですが、やっと弾いてるって感じでハラハラしました。
ヴァイオリン教室の発表会みたい。


2曲目 チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲
同じく、百音ちゃんの演奏。
凄く練習されたのでしょうね、ミスも無く、1曲目よりはずっと良い音でした。

龍君のチャイコフスキーを聴いた時は、前奏から、ワクワクしながら聴き、龍君のヴァイオリンから音が出た途端にゾクっと鳥肌が立つような感覚。
ね!僕の聞いてヴァイオリン、聞いて!と語っているような・・・
うっとりと引き込まれるような感じでは無く、少々残念でした。

それから辻井さんの演奏
3曲目  ショパンの英雄ポロネーズ
無難な演奏でした。
4曲目  ショパンピアノ協奏曲1番
私はどちらの曲もルビンシュタインの演奏を聴き込んでいたので、辻井さんはどうかな?と思って聞いたら、予想とは違ってとても上品なクリアーな音と感じました。
綺麗な音色で良かった。
ただ私の好みでいうと辻井さん、曲の違いもあるでしょうが、ラフマニノフの方がパワフルで良かったです。

最後のアンコールは辻井さん、服部百音ちゃんで 百音ちゃんパパ作曲の “真田丸” のテーマ曲でした。
何はともあれ、生の音は楽しいものです♪

昨夜は涼しい一日、コンサートから帰ったら我が家のお姫ちゃんジャズミンが
“かあさん、今夜は私一寸寒いのよ” とニャーニャー訴えました。
ゆる~く電気カーペットつけたらこの通り・・・
b0321595_23142500.jpg
気持良くて、カーペットをニギニギ・・・
b0321595_23143112.jpg


今日は三田で仕事の日、帰り道に買い物をして簡単でお気にりの冷やしゴマダレうどんにしました。
b0321595_23143901.jpg
パプリカも入れちゃいました。
合わない事は無かったけれど、大好きな茗荷の味がパプリカのお蔭で消えてしまいました。





by kaitomama526 | 2017-06-09 00:13 | コンサート | Comments(0)