お料理、時々犬と猫とお花達のお話・・・


by kaitomama526

祇園の名店 浜作さん!

昨晩、京都へ行ってまいりました。
その2日前、長年の友人から
“浜作さんへ行きますが、如何?”

テレビで、魯山人作の素晴らしいお鉢に盛られた料理を見てから一度は行って見たいと思っていた名店です。
迷う事無く、行きた~い♪
とお返事しました。
b0321595_11472101.jpg
b0321595_11465816.jpg
お店に入ると川端康成氏の書がかけられています。
b0321595_13390145.jpg
お腹も空いてるし、わくわくしながらお料理を待ちました。

栗の揚げ出し
b0321595_11472831.jpg
良いお味の出し汁に少しだけ大根おろし、栗の先が少し塩味がしてほんのり甘い栗の味をひ引き締めてあります。
不思議、何の塩辛さだろう・・美味しいし、お出しも美味しい!

魯山人の器に白和え
b0321595_11473688.jpg
胡麻の味が効いて、細く切った胡瓜、水が出やすい胡瓜を上手に使ってあり、とても美味しい白和えです。

お招き頂いた0さんのお誕生日と言う事でお祝いのおこわ
b0321595_11474655.jpg
可愛い赤絵です。
b0321595_11475208.jpg
おこわの下には鯛が入っていました。

鯛とよこわのお刺身
器は京焼の永楽さんの物
b0321595_11483897.jpg
松茸の土瓶蒸し
b0321595_11484843.jpg
モダンなお皿です。
松茸、鱧もさることながら、お出しが美味しくて、一滴も残さず頂きました。
最初の揚げ出しからお出しがとても品の良いお味です。

土瓶蒸しに添えて、銀杏と子持ち昆布
b0321595_11485487.jpg
子持ち昆布ふんわりと揚げてあります。


お焼きものお誕生日のお祝いで鯛
b0321595_11490133.jpg
これも魯山人だそうです。
どっしりと構えた良い大皿ですね。

取り皿は永楽さんの物
b0321595_11490774.jpg
九谷焼と違った京焼の独特の黄色の色、素敵です。
鯛はふわふわんい焼きあがっていました。

お煮物は田楽味噌を添えて
b0321595_11492967.jpg
可愛い菊の器です。
b0321595_11494354.jpg
上品でお味噌と合わせて丁度良い塩梅に炊いてあります。
流石です。

お酢の物
b0321595_11522209.jpg
お茶碗蒸し
b0321595_11524403.jpg
今まで食べた中で一番美味しい茶碗蒸しでした~
卵とお出しのバランスが最高です。

松茸ご飯と香の物
b0321595_11530434.jpg
〆のご飯のお米までしっかり気配りが届いている感じです。
お米が光っていました。


デザートはお部屋を変えて2階へ。
果物とお誕生日ケーキでした。
b0321595_13340088.jpg
Oさん、ご家族の会にお相伴させていただきました。
素晴らしいお料理、それに迎えに来て下さって送ってくださりお世話を掛けました。
素晴らしいお店に連れてって頂きありがとうございます、ご馳走様でした♡


帰える時に浜作さんのご主人から料理の本を頂きました。
b0321595_13342202.jpg
b0321595_13343070.jpg

川端康成さんをはじめ、文豪、歌舞伎界、映画界、人間国宝の河井寛次郎さん、外国の来賓、チャールス皇太子、チャップリン、グレーズケリー・・・
様々な方がご来店のお店で驚きました。
私の好きな福田平八郎さんの絵もどこかにあったらしい、見たかった!

帰宅してパラパラと拝見した本、料理の写真も素晴らしいけど、器が凄い、河井寛次郎さんの大鉢に盛り付けてあったり、当分の間はあちこちひっくり返して眺め、読んでみたい本です。
大事に読ませて頂きます。
ありがとうございました。


by kaitomama526 | 2017-10-08 14:19 | グルメレポート | Comments(0)