お料理、時々犬と猫とお花達のお話・・・


by kaitomama526

五嶋龍君のコンサート メンデルスゾーン

b0321595_15431939.jpg
昨日、楽しみにしていた五嶋龍君のコンサートに行きました。
場所は大阪シンフォニーホール。
バルコニー席で、オーケストラ全員の顔や動作が良く見えました

1曲目 トリスタンとイゾルデの前奏曲と愛の歌
2曲目 メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調

とても良かったです。
透明感のある、品の良い音、特に高音がとても綺麗で切れ味?が良い。
龍くん、いつものようにとても楽しそうに、弾いていました。
メンデルスゾーン、チャイコフスキーやブラームスと並んでポピュラーな良い楽曲です。
聞き惚れていたらあっという間に終わってしまい、もっと・・・聴いていたい。
隣りの友人の同じ事を言ってました。

さて3曲目はマーラーの交響曲 巨人
実はマーラーのCD随分前に買って余り聞いて無かった。
b0321595_15434369.jpg
サントリーの広告に使われた “大地の歌” を聴いた時に、一寸不思議な展開の旋律がとても刺激的だった。
のにも関わらず、先に5番を聞いて余り面白く無くて、そのままどちらも聞いてなかった。

マーラーの交響曲1番、とても良かったのです。
スケールの大きい壮大な明るい景色を思わせる、勝手にですが、バッカスがお酒飲んで良い気分になってるような。
成程サントリーが使うはずだ、なんて勝手に想像を膨らませていました。

オーケストラの団員も舞台狭しとフルにはいって、打楽器も沢山。
音のボリュームも凄い。
迫力があり、面白い楽しい曲で凄く良かった!
ブラボー!!
指揮者のインバルさんは80歳のお年、マーラー体力いるでしょうね。
素晴らしかった!

帰宅してから、パソコンでマーラーの交響曲の解説を探しました。
実はマーラーの愛読書、ジョンパウエルという人の小説 “巨人” を読んでイメージしたらしい・・・のっしのっし歩く巨人ではなさそうです。
へぇ~そうなんだ。
そういう事を紐解くのも面白いものです。
生の音は良い、一緒に行った同級生や友達、皆さんブラボーでした♪

陽の目を見なかったCDこれから聞きましょう!


by kaitomama526 | 2017-03-20 16:24 | コンサート | Comments(0)