お料理、時々犬と猫とお花達のお話・・・


by kaitomama526

赤穂 坂越の牡蠣

来年、赤穂の坂越(さごし)に牡蠣を食べに行こう!とあるグループで約束をしたのですが、年上の方もあり、 “一度下見に行ってみない?” と友人に誘われ、二人でネットで色々検索して、本日、朝早くから赤穂に向いました。

先ず最初に向ったのは “赤穂潮騒海の駅” という所。
牡蠣食べ放題、なんてのがあったり、海の駅とあれば、道の駅みたいな感じかな~
お正月用の何か買えるかな?
等と40年来の気楽な食いしん坊の友達と話しながら、山陽道に入り、竜野西で高速を降りました。
道は殆ど山の中・・・海は何処?なんて言いながら、やっと海岸線に出たら、綺麗な瀬戸内海の景色。
“いい感じだね♪”
と、海の駅に着いたら、思ったよりずっと小さい小屋。
ネットで見た潮騒市場の写真とはちと印象が違う。上手に写真を撮ったもんだわ。掘っ立て小屋に毛が生えた位。
でも赤穂の友人に聞いたら、皆さん凄い待ち時間で牡蠣を食べるそうな。

b0321595_23293073.jpg
b0321595_23304266.jpg
b0321595_23305766.jpg
食べ放題の場所は吹きさらしの外。
いや、これはVIPの人は無理だね~しかも余り綺麗じゃない。
牡蠣の殻処理場にはカモメが沢山。
b0321595_23301416.jpg
でも一寸ワイルドで面白い!
ここで牡蠣を買いました。
買おうと思ったら、“食券を買って下さい” と。
b0321595_23302911.jpg
何で?と聞いたら、お年寄りのお店の人が、お釣りを間違えないようにとの事。
成程ね、納得です。

時間が早過ぎたのと、食べ放題の焼き牡蠣だけっていうのは避けて、ここから10分位の牡蠣料理のお店に向いました。

赤穂のかましまさん
b0321595_23314839.jpg
色々頼みましたが、最初に牡蠣フライが出てきました。
でっかい牡蠣!
b0321595_23322348.jpg
写真ではわかりにくいですが、1個が小さいコロッケ位の大きさです。
濃厚な牡蠣の味で美味しい♪

焼き牡蠣
b0321595_23321581.jpg
1年牡蠣とピュア何とか牡蠣
b0321595_23331271.jpg
b0321595_23331271.jpg

出来れば、生牡蠣、焼き牡蠣という順序で食べたかったです。
調味料はレモンだけ。一寸ケチャップ味のカクテルソースとかが欲しかったけど、テーブルに置いてあったポン酢をかけたりしました。

チーズ焼き
b0321595_23325547.jpg
これは選択ミス、下に敷いてあるピーマンの味が強すぎます。

海鮮丼
b0321595_23332527.jpg
これも失敗、ご飯の上にのせてある牡蠣と若芽から水分が出て、ご飯がべしゃっとなってました。

牡蠣何とか丼
b0321595_23334715.jpg
これは甘辛タレでいけました。
兵庫県では有名な坂越の牡蠣、都会の洗練された料理では無いけれど、どかっと牡蠣を食べたい、牡蠣好きには良いお店、堪能しました。
お値段も安い!

今日の目的もう一つ野菜を買いたいと。かましまさんで聞いてみたら、
“相生にペーロン道の駅がありますよ”
“ペーロン?どんな字?”
若い定員さんは首を傾げて “わかりません”

ま、とにかくお腹ごなしに一寸歩こうよ。
お店のある通りは城下町風
b0321595_23311323.jpg
b0321595_23381219.jpg
塩の産地の赤穂。塩味饅頭で有名なかん川本舗を見つけたので食後のコーヒータイム
b0321595_00105757.jpg
b0321595_23342498.jpg
思いっきり牡蠣を食べたのに、友人はみつ豆とコーヒー、私はミニ塩アイスクリームつきコーヒー。
いや、又食べた!
そして父が好きだった塩味饅頭を一寸だけ買いました。

さて、ペーロン?に行ってみますか。
b0321595_23375506.jpg
建物の全景は撮りませんでしたが、いきなり、沖縄風の建物の白龍城(ぺーろんじょう)道の駅。

中は普通の道の駅風
b0321595_23374670.jpg
お野菜、安いでしたよ。
大根1本120円、レタス100円、蓮根、金時人参・・・どれもそれくらいの値段。
お正月用の生け花の松も1本180円。友人は段ボール2箱分買ってました。

帰り道、彼女は三田で牛肉を買って帰宅。
我が家で一寸休憩して “夕食はどうする?”
それから、ルッカさんに向いました。
蟹とアボカドのオードブルとトマトとモッツアレラのサラダ
b0321595_00285368.jpg
ラザニア
b0321595_00290298.jpg
流石にこれだけで充分、恐るべし食い意地!
明日は粗食にしようっと。










by kaitomama526 | 2016-12-27 00:38 | グルメレポート | Comments(0)