お料理、時々犬と猫とお花達のお話・・・


by kaitomama526

茗荷の効果、茗荷一杯の鯵のお寿司

大好きな茗荷を沢山頂いたので贅沢に食べたい、でも、食べ過ぎると物忘れするってね。
ふと、本当にそうなのかしらとネットで検索してみました。

あるある、身体に良い効果が沢山。
大まかにいえば高血圧予防や美肌効果、貧血予防。
頭をすっきりさせ、夏バテにも良い。
ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸(新しい赤血球を作り出す為の栄養素)等が含まれているそう。
身体に良いものの宝庫じゃないですか!
こりゃ嬉しい限りです。

頂いた茗荷、昨日はお昼にお素麺にどの一口にも茗荷が入っているように、沢山刻んで入れました。
香りが良くてしゃきしゃきして美味しい事、贅沢です。

それから茗荷の甘酢漬けを作りました。
b0321595_08415245.jpg
半分に切って、ぐらぐら沸かした熱湯に入れ、一煮たち足らず位??でザルにあげ、水気を良く切って甘酢に漬けました。

明石で買った鯵、帰宅してすぐに塩をして、翌日酢で〆て昨夜は鯵のお寿司。
b0321595_08414255.jpg
ご飯にはたっぷりの刻んだ
茗荷、白ゴマ、塩もみしてしんなりした胡瓜と刻んだ青紫蘇。
最高に美味しかった!

刻んだ茗荷の卵とじのお済まし汁を作りましたが、写真は撮り忘れ・・・

本当は買ったその日に作ってみようと思っていた大分県の料理の“りゅうきゅう”
b0321595_08412947.jpg
ここの所、家でゴロゴロして、普段見ない日中にテレビをつけたら偶然みた、県民何とかの番組。
青背の魚を漬けにするのですが、砂糖もどかっと入っているので甘い味らしい。
そういえば歯医者さんが、先日九州の小倉に行ったら醤油が甘くてびっくりしたと仰っていました。
テレビで試食した人は皆さん美味しいと云っていたから食いしん坊は気になって。
ただ明石から帰った日はお腹一杯で食べる気にならず、刺身用の鯵を冷凍庫に入れてしまってました。
冷凍した刺身用の魚はどうよ??と思いながらも作ることに。

テレビでは漬けのタレを醤油や砂糖等を少し煮詰めていました。
甘すぎたら醤油かければ良いと思い、作り置きの自家製山椒醤油をかけました。
後は刻み葱と白ゴマ、青紫蘇。
これが中々美味しい!
お寿司の鯵が少々浸け過ぎですっぱかったからお寿司にのせて食べたらいい感じ。
コレはまりますよ~

お寿司を作りながら、明石で買った無花果でジャムを炊きました。
b0321595_08411997.jpg




by kaitomama526 | 2016-09-19 09:15 | 料理 | Comments(0)